PACガーディアンズからのお知らせ

2017/6/17 土曜日

入所施設における、入所者の成年後見制度利用状況調査 結果報告

Filed under: 報告 — adgh35i @ 15:37:54
PACガーディアンズと千葉県手をつなぐ育成会が共同で、知的障害がある方々の入所施設を対象として成年後見の利用実態に関するアンケートを行いました。結果をまとめましたので御覧ください。こちらのページからダウンロードできます。
→http://pacg.jp/inpage/contents_shiryou/index2.html
ファイルは、「詳細版」「概要版」そして最後に「まとめ」の構成となっています。すべてご覧いただきたいところですが、ポイントを幾つか挙げます。

【わかったこと(一部)】
・成年後見制度の利用率は、入所者の22.2%。うち、後見割合は98.6%。親族後見割合は69.4%。
・申立理由は、「家族が将来を見据えて」が32.4%、「施設の勧め」23.1%。
・専門職後見人・法人後見のうち、「年1~2回訪問」「ほぼ訪問はない」「電話のみ」が41.8%。

【考えられる課題】
① 第三者後見人の活動のバラツキ。質の差。
② 財産管理のみで、身上監護の視点がすくない。意思決定支援の観点がすくない。
③ 第三者後見人の活動に疑問があっても、それに対して意見を言える場がない。
④ 後見報酬が本人の生活を圧迫し、長期にわたるため本人の資産を目減りさせる。
これでは、第三者後見人をつけられない。
⑤ 資産状況を、後見人しか把握できていない場合が多い。どう使われているかも不明。
支援者として本人のために有効に使う視点を持っても、実現しにくい。

ご本人(被後見人等)の訪問・面会の頻度が大変少ないことは、現在の成年後見制度の趣旨を考えると問題であると考えます。これに気づき、懸念を表明している施設職員も見られます。またこれと関連して、十分に報酬に見合った活動をしているのか疑問との指摘もありました。知的障害のあるご本人の生涯を見据えた生活の設計が、ファイナンシャル・プランニングの観点からも必要になってくるのではないでしょうか。
ほか、結果を整理していてみなで話し合ったのは、身上監護のあり方について共通理解が不十分という点でした。そのこともあってでしょうか、近年は後見人等と支援担当者との間で意見の相違や対立が見られる場合もあることが指摘されていました。成年後見人等の中には、たいへん熱心かつ適切な事務執行に取り組む方々がいらっしゃることを私たちは知っています。しかしいっぽうでは、まだ課題も見受けられるようです。

成年後見制度利用促進基本計画が提出されるような時代です。制度開始から10年以上を経て、課題もいろいろ確認されるようになってきました。基本計画のひとつとして「権利擁護支援の地域連携ネットワークづくり」が指摘される今だからこそ、今回のアンケート結果を見直して、今後のあり方に役立てていただきたいと願っております。

2016/10/13 木曜日

PACガーディアンズ 定例勉強会のご案内

Filed under: お知らせ,PAC研修案内・募集 — adgh35i @ 14:10:14

今回は「地域における市民後見人の意義と可能性」-市民が市民を支える仕組みづくりに向けて-をテーマに開催いたします!!
市民後見人の活動において、全国的にも注目、大阪市成年後見支援センターの運営委員会委員長をされている、大阪市立大学 大学院 岩間 伸之氏をお招きいたします。是非ご参加ください。

●日時 平成28年12月11日(日) 午後2時~4時

●会場 市川市男女共同参画センター 7階 研修ホール
JR市川駅、京成市川真間駅からいずれも徒歩5分位です。
JR市川駅北口。国道14号線を八幡・千葉方面へ。左手、消防署の奥。
駐車場がありませんので、自転車又は公共交通機関をご利用ください。

●講師 岩間 伸之氏
大阪市立大学 大学院 生活科学研究科・生活科学部 教授

●演題 「地域における市民後見人の意義と可能性」

●定員 120名
※参加費  500円(当日受付にて申し受けます) ※賛助会員無料(当日、入会できます)

 

申し込み方法

お申し込みはEメール(info@pacg.jp)で、または下の 詳細は→こちら のリンクを開き、印刷、ご記入のうえ、
切らずにFAX(047-407-4860)でお送りください。
受け付けた際、特にご連絡は致しません。当日、直接会場にお越しください。
※申込締切 平成28年11月30日

詳細は→こちら

 

2016/7/21 木曜日

第9回成年後見人候補者養成講座のご案内

Filed under: お知らせ,PAC研修案内・募集 — adgh35i @ 16:00:32

成年後見人候補者養成講座を下記日程で開催いたします。

障害のある方とご家族、一般市民の方々を対象に、社会的関心が高まっている成年後見について、より詳細な制度的内容や考え方を学べると同時に、申立の実際、後見人業務の実相、後見制度利用に必要な福祉制度の内容などに加えて、コミュニティフレンド活動についてもお話させていただきます。今回も千葉県権利擁護支援ネットワーク(MCAP)の後援を受けまして、それぞれの領域に造詣の深いご専門の方々を講師にして学んでいけるプログラムです。

★日 時
1日目:平成28年9月4日(日)10時00分~16時30分(受付開始:9時30分)
2日目:平成28年9月11日(日)10時00分~16時30分

★会 場  あかりサロン稲毛  千葉市稲毛区稲毛東2-16-1
※京成稲毛駅駅そば、JR稲毛駅から徒歩6分

★定 員  30名(定員数を超えた場合は、お断りすることがあります)
※申込締切日は8月29日(月)

★資料代  5,000円(賛助会員3,000円)

※懇親会もございます。

詳しくは こちら 地図

2015/10/1 木曜日

法人設立10年記念 PACガーディアンズ定例勉強会のお知らせ

Filed under: ----,研修案内,PAC研修案内・募集 — adgh35i @ 16:18:01

日本に成年後見制度が成立してから、今年で15年を経、またPACガーディアンズが法人格を取得し、法人後見に取り組むようになって10年目を迎えようとしています。平成25年には、全国で第三者後見人の割合が親族後見人を超え、ますます法人後見の重要性が高まっています。
一方で、昨年、国連の障害者権利条約を批准したことに伴い、日本の後見制度はその見直しが迫られ、制度の大きな節目を迎えています。今年度の定例勉強会は、そういう状況の中で、これまでを振り返り、これからの課題は何かを、ともに考えて行きたいと思います。
講師の佐藤彰一先生は、当法人前理事長であり、全国権利擁護支援ネットワーク代表として活発な社会活動を行っておられます。本テーマとの関連では、本年5月22日に内閣府障害者政策委員会のワーキングセッション「成年後見制度も含めた意思決定支援など」にて参考人として意見を述べています。これからの成年後見制度や意思決定支援のあり方についてお話を伺える重要な機会となるでしょう。
どうぞ、奮ってご参加ください。

 

日時  平成27年11月28日(土)  午後2時~4時(受付開始 1時半~)

会場  美浜保健福祉センター大会議室
千葉市美浜区真砂5-15-2
・JR検見川浜駅から徒歩約7分
・JR新検見川駅南口から海浜交通バス「千葉西高校行」または「海浜病院行」乗車、
3つ目のバス停「美浜区役所」下車

テーマ 「日本の成年後見制度のこれからを考える」

講師   佐藤 彰一 氏
國學院大学教授・弁護士
全国権利擁護支援ネットワーク代表
PACガーディアンズ初代理事長

参加費  500円(当日受付にて申し受けます)

*賛助会員無料(当日、入会できます)

申込み  こちら をご覧ください

2015/7/22 水曜日

第8回成年後見人候補者養成講座のご案内

Filed under: お知らせ,研修案内,PAC研修案内・募集 — adgh35i @ 16:34:47

成年後見人候補者養成講座を下記日程で開催いたします。

障害のある方とご家族、一般市民の方々を対象に、社会的関心が高まっている成年後見について、より詳細な制度的内容や考え方を学べると同時に、申立の実際、後見人業務の実相、後見制度利用に必要な福祉制度の内容などに加えて、コミュニティフレンド活動についてもお話させていただきます。今回も千葉県権利擁護支援ネットワーク(MCAP)の後援を受けまして、それぞれの領域に造詣の深いご専門の方々を講師にして学んでいけるプログラムです。

★日 時
1日目:平成27年9月12日(土)10時00分~16時30分(受付開始:9時30分)
2日目:平成27年9月13日(日)10時00分~16時30分

★会 場  船橋市勤労市民センター  船橋市本町4-19-6
*JR船橋駅徒歩6分、京成船橋駅徒歩4分

★定 員  30名(定員数を超えた場合は、お断りすることがあります)
※申込締切日は8月31日(月)

★資料代  5,000円(賛助会員3,000円)

※懇親会もございます。
詳しくはこちら→案内

2015/1/27 火曜日

イベント開催します★サルサガムテープ コラボライブ★

Filed under: お知らせ,PAC研修案内・募集 — adgh35i @ 17:25:46

今回もサルサガムテープの楽しい演奏だけでなく、レンコンバンドなど、様々な方が出演します。さらに会場の、全員参加のイベントになるはず。どなたでも参加できます。ご家族やお友達も誘って、ぜひご参加ください。

とき:2月21日(土)
12:30 から受付 13時開演
16:30 終了
場所:市川グリーンスタジオ
(コルトンプラザ隣 市川市生涯学習センター2階)
チケット代:1000円
(当日、受付でお支払いください。)
※あらかじめ予約がいります!!

詳細はこちら サルサイベントチラシ表 サルサイベントチラシ裏

2015/1/21 水曜日

全国権利擁護支援ネットワーク 第6回全国フォーラム開催のお知らせ

Filed under: お知らせ — adgh35i @ 14:40:33

全国権利擁護支援ネットワーク主催
第6回全国フォーラム「地域における権利擁護支援
の新たな展開」が開催されます。
日時:2月14日 13:30~17:00
15日 9:00~12:00
場所:國學院大學常盤松ホール(渋谷 徒歩13分)

詳しくはこちらです→チラシ
申込み・問い合わせ:全国権利擁護支ネットワーク事務局
TEL:0798-22-7551
ホームページ http://www.asnet-japan.net/
(“全国権利擁護”で検索)

2014/12/26 金曜日

意思決定支援推進国際シンポジウムのご報告

Filed under: 報告 — adgh35i @ 16:25:08

1220日、國學院大學にて意思決定支援推進国際シンポジウム「英・韓・日における成年後見と意思決定支援の現状」が開催され、意思決定支援の理念、理論、実践を学び、世界的な動向を把握・理解しながら日本における意思決定支援のあり方を深める真剣な意見交換が行われました。

2014年1月に日本は140番目の批准国として障害者権利条約を締結しましたが、日本の成年後見制度において、意思決定支援の考え方に基づく支援は不十分な状況にあります。英国では2005年に意思決定支援法が施行され、IMCA(Independent Mental Capacity Advocate)と称する第三者代弁人が活動しています。韓国においても2012年、意思決定支援の理念に基づいた成年後見制度が開始されました。

 日本弁護士連合会では、現行の成年後見制度に代わる意思決定支援を軸とした法制度の検討を進めており、2015年101日の第58回人権大会(千葉開催)で,「成年後見制度から意思決定支援制度へ」とのテーマで,シンポジウムを開催します。今後の推移を注意深く見守っていきたいものです。

2014/11/18 火曜日

意思決定支援推進国際シンポジウム 「英・韓・日における成年後見と意思決定支援の現状」のご案内

Filed under: 研修案内 — adgh35i @ 14:49:26

12/20に開催する全国権利擁護支援ネットワーク主催で
國學院大學 常磐松ホールにて、意思決定支援推進国際シンポジウムが行われます。
お申込みされる場合は直接主催事務局にお申込みください。
↓詳細はこちらから・・・
http://www.asnet-japan.net/

2014/7/15 火曜日

第7回成年後見人候補者養成講座のご案内

Filed under: お知らせ,PAC研修案内・募集 — adgh35i @ 11:16:18

成年後見人候補者養成講座を下記日程で開催いたします。

障害のある方とご家族、一般市民の方々を対象に、社会的関心が高まっている成年後見について、より詳細な制度的内容や考え方を学べると同時に、申立の実際、後見人業務の実相、後見制度利用に必要な福祉制度の内容などに加えて、コミュニティフレンド活動についてもお話させていただきます。今回も千葉県権利擁護支援ネットワーク(MCAP)の後援を受けまして、それぞれの領域に造詣の深いご専門の方々を講師にして学んでいけるプログラムです。

★日 時
1日目:平成26年9月6日(土)10時00分~16時30分(受付開始:9時30分)
2日目:平成26年9月7日(日)10時00分~16時30分

★会 場  大洲ふれあいセンター第2集会室
市川市大洲1-18-1(防災公園内)
*JR市川駅南口、目の前のバス停(2番乗り場)から10分(4駅)の大洲防災公園下車、
左手の白い建物です。9:00、9:20、9:40発のバスをご利用ください。
★定 員  30名(定員数を超えた場合は、お断りすることがあります)
※申込締切日は8月30日(土)

★資料代  5,000円

※懇親会もございます。

詳細はこちら→7回養成講座案内

次ページへ »