PACガーディアンズからのお知らせ

2019/9/25 水曜日

令和元年度 定例勉強会のお知らせ

Filed under: ---- — adgh35i @ 14:20:01
「地域における成年後見制度のよりよい利用について」Part2
~本人中心の権利擁護支援に繋げるために~
 今年度の定例勉強会は、昨年度に引き続き「地域における成年後見制度のよりよい利用について」をテーマに取り上げ、市町村が成年後見制度利用促進基本計画における地域連携ネットワークを構築するにあたり、私たちが如何に本人中心の権利擁護支援に繋げるための働きかけをしていくのかを勉強します。
実際に地域に根付いた法人後見活動をしている団体に所属している方たちから、活動における実情や地域との関わり、「中核機関」についてどう考えているのかをお話しいただき、併せてご参加いただきました会場の皆さまとの意見交換を通して、今後の当法人の活動をしていく上でのヒントにしていきたいと思います。
どうぞ、奮ってご参加くださいますようお願いいたします。
             ー  記  -
●日時 令和元年11月16日(土) 午後1時~午後4時30分(受付12時半~)
●場所 市川教育会館 3階 多目的ホール(次ページに会場案内図)
●内容  第1部 実践報告   (1時~3時)
1.尾崎 史氏 NPO法人 あさがお(滋賀県大津市)
NPO法人あさがお理事、滋賀県社会福祉協議会専任講師
2.今井 友乃氏 NPO法人 知多地域成年後見センター(愛知県知多市)
NPO法人知多地域成年後見センター事務局長
第2部 意見交換   (3時15分~4時15分)
参加対象者及び定員 正会員、賛助会員、各提携団体の会員、当法人の事務執行者、当法人の養成講座受講者など当法人関係者。先着80名
詳しくは こちら

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。